TOPに戻る

2007年05月09日

BIOSとは

BIOSとはパソコンを立ち上げたときに一番最初にでてくる画面で、パソコンを持っている方なら一度は見たことのある画面です。

このBIOSですがいろんな役目をしています。

・各種OSとの橋渡し
・各ハードウェア等の診断
・各ハードウェアの詳細設定

自作ユーザーはハードウェアの設定をしなければならないので必須項目となりますが、メーカー製パソコンを購入してネットやゲームなどをされる方にはあまり関係ないかもしれません。

でもこのBIOS、パソコンにはなくてはならない存在なんですね〜

最初にパソコンの電源をいれると”ピコッ”と音がしますよね?これってすでにBIOSが始動している証なんです!


BIOSは電源がはいると各種ハードウェアの診断をはじめ、診断結果を音と文字で表示してきます。もちろん、エラーがあれば普段聞いたことのないような音と、エラーが表示されます。まあ普通につかっていれば、まずOSが立ち上がります。

エラーがでた場合は文字や音である程度判断できます。私も経験がありますが、ファンのケーブルが抜けていたり、差込が甘かったりしてBIOSが警告してきてWindowsがたちあがらなっかたこともありました・・・自作をされる方は慎重に!

BIOSの詳しい設定の仕方はこちらで詳しく説明されているので参考にしてみられてはどうでしょう

BIOSの設定

また最近ではBIOSもWEB上でバージョンアップができるので少し古めのマザーボードを使われている方は試してみたらどうでしょう?

BIOSのバージョンアップ
posted by セイウチ at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン整備士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/41209456

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。