TOPに戻る

2007年04月30日

マザーボードについて

マザーボードはパソコンを構成する部品の中でももっとも重要なひとつといってもいいでしょう。
これまでに説明してきたメモリやCPUなどの性能を100%発揮するためにはマザーボードの能力が優れていなくてはなりません。

そもそもマザーボードとはいったいどんなものなのでしょうか?

既製品のパソコンを購入した人はマザーボード自体を見たことがない方も多いと思います。

}U[{[h.JPGマザーボードはこのようなもので、この基板の上にCPU、HDD、メモリ、グラフィックボード・・・などの各種部品を搭載していきます。

マザーボードは部品同士をバスと呼ばれるデータの通る道でつなぎ、効率よくデータの転送を行なっています。

CPU等の能力が高速になると、周辺の部品とのデータのやり取りをいかに効率よく行なうかが課題となってきます。CPU等の能力を最大限に生かすためには相性の良いマザーボードを選定する必要があるわけです。

マザーボードはCPUごとに各種設計がおこなわれているため、パーツ選びは慎重に行なう必要があります。

最近ではCPUもデュアル化がすすんでいますし、OSもビスタがどんどん普及していくことでしょう。ですから、これからパソコンを購入する方や、自作しようと思っている方などは特にマザーボードの選定は慎重に行ないましょう。


posted by セイウチ at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン整備士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。