TOPに戻る

2007年04月21日

キャッシュメモリ

キャッシュメモリとはCPUの内部に設けられた小容量・高速メモリのことである。
このキャッシュメモリはCPUに近い場所から1次キャッシュ、2次キャシュと呼ばれ、CPUとDRAMなどのメインメモリの間に設置されている。

一般的にCPUがメインメモリにアクセスした場合、CPUの処理速度にメインメモリの能力が追いつかないため、CPUはメインメモリに足をひっぱられる形となり100%の能力を発揮できない。

この現象を解消するためにキャッシュメモリが設けられているのだが実際どのような仕組みかというと、CPUがメインメモリからデータを読み込む場合、一時的にキャッシュに保存しておき再度読み込む場合には、メインメモリではなくキャッシュからデータを引き出すわけである。

単純にCPUからの距離を想像した場合、メインメモリよりもキャッシュメモリのほうが距離が近いのだから、当然CPUのアクセススピードも速いわけである。

LbV[.bmp
posted by セイウチ at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン整備士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/39510656

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。