TOPに戻る

2007年04月18日

クロック周波数

クロック周波数とはPC内部の各回路どうしを同調させる時計のようなものです。動作周波数やクロックとよばれる事もあり、このクロック周波数が高いほどCPUの処理速度は高くなる。

しかし各部品には周波数の限界があり、あげれる限度がある。最近ではCPUもデュアル化がすすみ、インテル系ではCore2Duoがその代名詞である。

このクロック周波数を確認するにはインテル系なら、CPUの後ろの数字をみれば確認できる。

Pentium4 3.4G Hzなどで、同じ条件のPCならばこの数字が高いほど動作が早く性能も高いといえる。
posted by セイウチ at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン整備士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。